セルフチェックでうつ病か確認しよう[早めに気づくことが大事]

医師

心や体のひどい落ち込みに

カウンセリング

早目の診察と病院選び

日本では、近年うつ病の患者が急速に増えています。原因としては、社会的な要因や病気への認知度の高まりなど、さまざまなものが複雑に絡み合っているのではないかと考えられています。うつ病のメカニズムは、残念ながらまだはっきりとはわかっていません。ただ、脳の働きに関して何らかのトラブルが生じた結果として引き起こされる病気だと考えられています。その症状には、主に心の問題と身体の問題があります。たとえば、心の問題では長期間に渡る気分の落ち込み、気力や楽しむ気持ちの減退、思考力・判断力の低下などが挙げられます。また、身体の問題でも、睡眠障害や食欲不振をはじめ、極端な疲労感、息苦しさなどさまざまな症状が現われることがあります。うつ病は、そのままにしておくと悪循環に陥り、より深刻な状況になりかねない病気です。そのため仮に罹ってしまった場合には、できるだけ早めに精神科や心療内科など専門の医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。治療の開始が早ければ早いほど、病気からの快復も早いと言われています。けれど、自分が医療機関を受診する必要があるのかどうかを判断するのは、多くの人にとって簡単なことではありません。最近では、職場でのメンタルヘルスへの取り組みも積極的になり、そこで行われるストレスチェックなどを参考にすることもできるようになりました。しかし、やはり肝心なのは、自らの心や身体の健康状態を常にある程度自分で把握しておくことです。そのために行いたいのが、症状のセルフチェックです。現在インターネット上には、医療機関や公的機関などによるうつ病の症状をチェックするための設問やチェックシートが数多く掲載されています。自分の状態が少しでもおかしいなと感じた場合には、まずこれらを利用して、早めに医療機関を受診するための判断材料とすることができます。ただ、実際に精神科や心療内科の受診を考える際、最も気になるのが病院の選び方やその基準です。うつ病は、心理的な要因が極めて大きいことで知られる病気です。そのため、診療にあたる医師には、深い知識や高い能力を持っていることに加え、人柄の良さも求められます。たとえ腕が良くても心から信頼できない医師による治療では、うつ病からの回復は困難になってしまうと言わざるを得ません。精神科や心療内科では、他の診療科にも増して患者と医師との関係性が大切になるのです。医療機関を選ぶ際、まず参考にしたいのは評判です。最近では、友人・知人の中にも精神科や心療内科を受診したことがある人は見つかるはずです。また、かかりつけの医師がいる場合は、一度相談してみるのも良いでしょう。そして、ひとつ気になるのが医療機関の混み具合です。現在、精神科や心療内科の病院・クリニックの多くは、なかなか予約が取れなかったり待ち時間が長かったりといった状況です。患者の数に対して医療機関が絶対的に少なく、また一人一人の診療にかかる時間も比較的長いというのが理由です。そのような中で、時にはあまりにスムーズに受診することが可能な精神科や心療内科が見つかる場合もあります。うつ病の治療の開始は、できるだけ早い方が良いのは事実ですが、そのようなところへ安易に飛びつくことについては十分な注意が必要です。うつ病の治療に関しては、医師への信頼が極めて重要です。仮にしっかりとした人と人との関係性を築くことができないような場合には、治療を開始した後でも勇気をもって転院することも一つの選択肢です。